KNOWLEDGE

健康保険・厚生年金保険被保険者賞与等支払届(賞与支払日から5日以内)の提出

賞与を支払ったときの社会保険の取扱いについて

今回は、賞与を支払ったときの社会保険の取扱いについて解説します。基本的には給与の支払いのときと同じように所得税や社会保険料を控除した金額で支払います。ただ給与と異なり賞与は支払ったらそのつど、支払い後に届出を出します。
源泉所得税の計算方法も給与のときとは若干違うので、あわせて解説していきたいと思います。

賞与からの社会保険料の控除について

賞与についても、健康保険・厚生年金等の毎月の保険料と同率の保険料を納めることになっています。賞与の保険料は標準賞与額に基づいて決められています。
標準賞与額は、各被保険者の賞与額から1,000円未満の端数を切り捨てたものですが、上限があり、健康保険は年度での累計額が573万円、厚生年金保険は1ヵ月あたり150万円です。

また保険料額は、各被保険者の標準賞与額×保険料率です。給与のときのように「健康保険・厚生年金保険の保険料額表」によるのではなく、標準賞与額に直接料率を乗じます。
料率は、健康保険は都道府県単位(または健康組合ごと)の保険料率、厚生年金保険は18.300%です。これを労使で折半して負担することになります。

ただし、使用者側はこれに加えて「子ども・子育て支援勘定」の項目にある「子ども・子育て拠出金」を全額負担しますので、若干使用者側の方の負担が大きくなります。これは給与の場合でも同じように徴収されています。賞与の場合は標準賞与額に0.29%を乗じた金額(平成30年12月現在)となっています。

会社の行う経理手続きとしては、賞与支払い後5日以内に「被保険者賞与支払届」を年金事務所に提出します。
原則として既に印字がされたこの届出書が賞与支払予定時期のひと月前になると年金事務所から送付されてきますので、これに支払い金額等を記載することになります。なお、この届出書には「被保険者賞与支払届総括表」を添付します。

納付については、賞与支払届により保険料が算定されますが、賞与の保険料は、その月の毎月の保険料と合わせて原則として翌月の納入告知書により請求されますので、これに基づいて納付します。

資料1)健康保険・厚生年金保険の保険料額表

資料1)健康保険・厚生年金保険の保険料額表

子ども・子育て支援勘定

賞与支払届の書き方

次に実際の「被保険者賞与支払届」を見ていきましょう。賞与支払届には、氏名、生年月日は印刷されてきます。

(例)支払日・平成30年12月28日、支払者1名、賞与額300,000円の場合

  • ①賞与支払年月日を記載します。元号7(平成)です。
  • ②賞与金額を記載します。300千円と300,000円、ちなみに記入欄によって千円単位と円単位ですので気をつけてください(ケタを間違うと年金事務所から金額確認の連絡が来てしまいます)。
  • ③年金事務所への提出日を記載します。
  • ④「被保険者賞与支払届総括表」に賞与支払年月と支払の有無を記載します。なお賞与支払届等は賞与の支払いがなくてもその旨をこの項目の不支給に○を付けて必ず提出します。不支給の場合は「被保険者賞与支払届総括表」のみ提出します。
    ※総括表も提出されないと催告通知が来ます。これが来るのは事前に報告してあった賞与支払予定月の翌月までに賞与支払届等を提出しない場合です。
  • ⑤次に賞与を支払った総人数と支払総額を記載します。
  • ⑥最後に賞与の名称と提出日を記入します。

資料2)被保険者賞与等支払届

資料2)被保険者賞与等支払届

資料3)被保険者賞与支払届総括表

資料3)被保険者賞与支払届総括表

資料4)催告通知

資料4)催告通知

源泉所得税の金額の算定方法もおさえておきましょう

それでは賞与支払い時の源泉所得税の金額の算定の方法も見ておきましょう。
賞与からの源泉徴収事務は原則として「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」により行います。

例は、前月の給与は200,000円(扶養1人、社会保険料は35,000円、甲欄者)、賞与300,000円に対する社会保険料控除額は44,067円とします。

①その者の前月中の給与から前月中の社会保険料等の金額を控除した金額を求めます。(200,000円-35,000円=165,000円)

②扶養親族等の数と①の金額とに応じて甲欄の該当する行を求めます(扶養1人)。

③上記②で求めた行と「賞与の金額に乗ずべき率」の交わるところに記載されている率が求める率です(2.042%)。
よって社会保険料控除後の賞与額に③の税率を乗じて源泉徴収すべき所得税額が算出されます。
(300,000円-44,067円)×2.042%=5,226円

資料5)賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表

資料5)賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表

資料5)賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表

賞与支払い時の手続きをおさえておきましょう

今回は、賞与支払い時の社会保険の手続きと源泉所得税額の算定を取り上げました。計算については給与計算ソフトで自動計算している会社が多いとは思いますが、手計算でも計算できると検算もできてよいでしょう。
また「賞与支払届」等は経理担当者が記載することになります。賞与の支給がなくても提出しますので、手続きが遅れて催告状が来ないように迅速に手続きをするようにしてください。

はじめてジャスネットで働く方へ

あなたの可能性を最大限に引き出します。

  • 資格はあるのに未経験…経理・会計の実務経験を積みたい
  • 経理職に就きたいけれど、資格取得の勉強もしたい
  • 育児も落ち着き、そろそろ仕事の感覚を取り戻したい

ジャスネットでは、「経理・会計」分野に係わる方々、目指す方々が描く理想のキャリアプランを実現するために、あなたのキャリアステージに適した派遣・紹介予定派遣の仕事をご紹介します。