KNOWLEDGE

現金出納(小口現金含む)の仕事内容

どんなお仕事なの?

現金出納(小口現金含む)の仕事内容

会社では商品の仕入代金や社員へのお給料などの多額の支払いについては銀行振込などで行いますが、日常のちょっとした支出(少額な社内備品や文房具の購入など)のためにオフィスに現金を少し準備しています。これを「小口現金」と言います。

小口現金出納の担当者は、各部署や支社・工場にそれぞれ配置され、その部署で何か少額の支出が発生した場合に手提げ金庫の中から現金を出して支払います。
そして支払いが済んだら、受け取った領収書などの証憑を保管します。

一日の業務が終了したら、手提げ金庫の中の現金を数え、前日の残高からその日の支出を差し引いた金額と一致するか(過不足がないか)を毎日チェックします。
月末など会社で決められた一定の日になったら、その日までの支出の内容と金額を本社の経理部門に報告します。そして支出して減った分の現金の補充を行います。

どんなスキルが必要?

特別なスキルは必要ありませんが、少額とはいえ会社のお金を管理することになりますので、正確性と責任感が資質として求められます。
例えばお店でレジを担当された経験がある方などは、その経験を生かすことが出来ると思います。

仕事のやりがい、厳しさなどは?

このお仕事は経理そして財務の仕事のまさに最初の一歩とも言えるものです。
会社のお金を扱うという意味では、何億円という大金でも小口現金のような少額のお金でも、その責任の大きさに本質的な違いはありません。

「会社の血液」とも言われる資金を管理する財務の仕事の一環としてとらえることで、そこにやりがいを感じることが出来ると思いますし、同時に現金の不足や紛失などが起こった場合には決して小さくない責任を負うことにもなります。

また、支出内容による勘定科目の判断が求められることなどもあり、経理として会計処理を行う(仕訳をきる、伝票を起こす)ことの初歩でもあります。経理として歩んでいこうと志望される方にとっては、簿記の教科書では学ぶことが出来ない実務での処理に触れることになるので、とても良い勉強になると思います。

次のステップは?

財務の仕事では、銀行口座を通じた振込の業務があります。銀行窓口やATMでの振込やインターネットバンキングを利用した振込手続きなど、小口現金よりも大きな支払の業務となり、内容的に親和性の高い業務だと言えます。

また経理の仕事としては、経費精算業務があげられます。こちらも小口現金より多額で少し複雑な取引であり、また実際に会計処理の作業(仕訳をきる、伝票を起こす)を行いますので、次のステップとして相応しい仕事になります。

スキルアップへの近道!ジャスネットの教育サービス「アカウンタンツライブラリー」経理の仕事に役立つ約150動画が見放題! エージェントサービス登録者は月額980円が無料!

はじめてジャスネットで働く方へ

あなたの可能性を最大限に引き出します。

  • 資格はあるのに未経験…経理・会計の実務経験を積みたい
  • 経理職に就きたいけれど、資格取得の勉強もしたい
  • 育児も落ち着き、そろそろ仕事の感覚を取り戻したい

ジャスネットでは、「経理・会計」分野に係わる方々、目指す方々が描く理想のキャリアプランを実現するために、あなたのキャリアステージに適した派遣・紹介予定派遣の仕事をご紹介します。