STYLE

英語力と経理スキルを活かして働くための3ステップ〜外資系企業で働く・英文経理の仕事に就く〜 英語力と経理スキルを活かして働くための3ステップ〜外資系企業で働く・英文経理の仕事に就く〜

経理職として活躍中の皆さまの中にも、今後は英語力を活かして仕事をしたいとお考えの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

「得意の英語を活かして経理・会計の仕事がしたい!」
「英語のスキルを活かして高待遇で働きたい!」
「外資系企業で外国人と一緒に働きたい!」

そんな方のために、「英語力を活かして経理の仕事に就くポイント」を解説していきます。
「英語力」と「経理」の両方の強みを伸ばしていくキャリアアップ・プランの参考にして頂ければと思います。

STEP1. 英文経理の仕事を知る

英文経理の仕事を知る 英文経理の仕事を知る 英文経理の仕事と一口で言っても、日本の会計基準に従って勘定科目だけが英語という場合や、外資系企業で米国会計基準または国際会計基準で処理をする場合もあります。

そのため、英文経理の求人で求められるスキルは、日本の経理部や国際部で働く場合と外資系企業の経理部で働く場合で異なっているため、仕事選びにコツが必要です。
まずは英文経理の仕事の特徴を抑え、自分自身にあった求人を見極めるポイントを掴みましょう。

1-1. 外資系企業の英文経理と国内企業の英文経理

英語を使う英文経理の仕事の就業場所は、大きく分けると「外資系企業」「国内企業」「会計事務所や税理士法人などの会計ファーム」に分けられます。会計ファームでの仕事はクライアントの資本による違いからくるものですので、ここでは「外資系企業」と「国内企業」の特徴について見てみましょう。

「外資系企業」とは、外国法人(または外国人)の資本が入っている企業のことを言います。日本の上場子会社が親会社に決算報告をするのと同様に、親会社である外国法人に報告をしなければなりません。そのために、外資系企業では日々の業務から親会社と同じ会計基準で、同じ会計システムを使用するなどして、経理業務を行っています。
外資系企業の経理の大変な面は、親会社への報告だけではなく、日本での税務申告もしなければならないという点です。

一方、「国内企業」で英文経理業務が発生する場合は、海外に子会社を持っている企業などが該当します。
営業活動は外国の現地法人で行っている場合や製造拠点が海外にある場合でも、経理は日本にある親会社で行っているということが多くあります。グローバルに展開している企業の増加に伴い、経理職も英語を使う機会が増えていくことが予想されます。

実際に英文経理の仕事で活躍されている方のインタビューは、こちらに掲載しています。
英文経理の仕事を始めることになったきっかけや、英語の勉強方法、実務の中で工夫していることなどについて、たくさんの方にお話いただいていますので、是非ご自身のキャリアに照らしあわせながら読んでみてください。

1-2. 英語を使う仕事は収入が高い?!

世間では「外資系企業で働く人の年収は高い」というイメージがあるようですが、実際のところ英文経理の仕事においてはどうなのでしょうか?経理職の人の英語学習に関するアンケートと、英語を使う経理職の収入を検証した記事がこちらです。

この記事によると、経理パーソンが英語を勉強している理由の第一位は、ずばり「英語ができる方が求人条件が良いから」。それを裏付けているのが、求人における英語力と年収の相関を表した表です。この記事では年収ベースで集計をとっていますが、ここでは時給ベースでも検証してみました。以下の表をご覧下さい。

派遣求人の英語力と時給の相関

【派遣求人の英語力と時給の相関】

雇用形態 英語力
ビジネスレベル
下限平均 上限平均
一般派遣 1888.4円 2081.7円
紹介予定派遣 1818.6円 1987.9円
全体 1867.3円 2052.8円
雇用形態 英語力
読み書きレベル
下限平均 上限平均
一般派遣 1653.2円 1782.8円
紹介予定派遣 1610.5円 1770.7円
全体 1645.0円 1780.4円
雇用形態 英語力
日常会話レベル
下限平均 上限平均
一般派遣 1574.3円 1656.9円
紹介予定派遣 1541.7円 1622.2円
全体 1565.0円 1648.0円
雇用形態 英語力
不要
下限平均 上限平均
一般派遣 1569.5円 1666.3円
紹介予定派遣 1562.7円 1644.5円
全体 1568.1円 1661.5円
雇用形態 英語力
全体
下限平均 上限平均
一般派遣 1671.4円 1796.9円
紹介予定派遣 1633.4円 1756.4円
全体 1661.4円 1785.7円

集計期間:2013年1月1日~2015年12月31日
ジャスネットコミュニケーションズ調べ

この表は経理・財務の求人が英語力のレベルによって、時給上限と下限が平均でどのくらいちがうのかという相関を表したものです。ここからもわかるように、英語力がビジネスレベル(経理・財務の求人で絞っているので、英文経理などの業務で使用できるレベル)の求人のほうが、英語力を必要としない求人に比べて300〜500円も高いということがわかります。

収入というのは、就業条件の大きな部分を占めるひとつの要素です。英文経理のスキルを身につけて、収入アップを目指してみてはいかがでしょうか。

STEP2. 英文経理の仕事に役立つ知識とスキルを身につける

 英文経理の仕事に役立つ知識とスキルを身につける  英文経理の仕事に役立つ知識とスキルを身につける 「英文経理」というくらいだから、TOEICなどの英語の勉強をすれば十分だと思っている方。それは大きな間違いです。
「英文経理」には「英文経理」特有の学ぶべきポイントがあります。

ここでは英文経理に役立つ資格や、実務として学んでおきたい内容をご紹介します。

2-1. 英文経理の仕事に役立つ資格

「日本語ができるからといって誰でも日本の経理ができるわけではない」というのと同様に、英語ができるからといって英文経理がすぐにできるわけではありません。初めて経理を経験したときのことを思い出してみてください。多くの方が、簿記の勉強で勘定科目を覚えるところからスタートしたのではないでしょうか。
同じように英文経理のスタートは、経理特有の専門用語を英語で理解することから始まります。

その理解に役立つ資格の代表が、USCPABATICです。
USCPAはUnited States Certified Public Accountantの略で、 米国公認会計士のこと。日本国内での受験が可能となったことからも、注目されている資格です。一方、BATICは英文簿記の検定試験です。
USCPAもBATICも英語の試験ですので、当然英語の読み書きができる能力が必要です。いわゆるビジネス英語の勉強をしてきた方は、次のステップとしてこれらの資格の勉強をしてみてはいかがでしょうか。BATICの資格取得によるメリットや仕事への活かし方などはこちらの記事に詳しく書かれているので是非参考にしてみてください。

2-2. 経理に役立つ英語表現を学ぶ

経理の専門用語をある程度英語で理解できるようになると、英文表記の会計ソフトに英語の勘定科目で仕訳の入力ができるレベルです。次はより実務に近い内容を勉強して、資格と実務の差を埋めていきましょう。

実際の業務シチュエーションも交えながら実務のことを学べるのがこちらの「経理で使える英文メール」というコンテンツです。
外資系企業に勤めていた場合でも、海外にある親会社の担当者などとのコミュニケーションの手段としては、メールでのやりとりが一番多いのではないでしょうか。もちろん電話会議や対面での英会話の勉強も並行して行いたいところですが、英文経理の求人の応募条件で求められるスキルは、「読み書き」が大半です。
まずは経理実務のシーンで使えるリーディング・ラインティングスキルを身につけましょう!

STEP3. 英文経理に就くための就職活動ポイント

3-1. 英文レジュメを準備しよう

英文経理に就くための就職活動ポイント 英文経理に就くための就職活動ポイント 日本で就職活動をする際、基本的には「履歴書」と「職務経歴書」を用意しますが、海外では履歴書と職務経歴書をあわせて一つにしたような内容の「レジュメ」と呼ばれている書類を提出するのが一般的です。

履歴書は大方決められたフォーマットがありますが、英文レジュメは職務経歴書のように、基本的に形式は自由です。
とはいえ、記載すべきポイントや採用担当者が読み易い書き方のポイントがありますので、初めて英文レジュメを書くという方は、こちらのページを参考にしてみてはいかがでしょうか。

各項目に書くべき内容と英文の文例、記載する項目の順序、おすすめのフォントなども紹介しています。
Word形式のサンプルもダウンロードできますので、是非活用してみてください。

3-2. 英文経理の転職活動時期と求人の傾向

まずは下のグラフをご覧下さい。
英語力を求められる求人の月別発生推移

英語力を求められる求人の月別発生推移 まずは右のグラフをご覧下さい。

このグラフは英語力を求められる経理・会計の求人数のトレンドを示しています。雇用形態によって、そのトレンドが異なるのがお分かりになるかと思います。

外資系企業は12月決算という企業が非常に多いため、秋頃に次年度の予算が組まれます。正社員の採用などは、予算が決まった後の年末年始にかけて、そして初夏の頃に採用が活発になる傾向があります。

一方派遣社員の求人については、繁忙期のための増員などが背景にあることが多く、正社員の募集が増える時期とずれて、外資系企業の本決算前である秋頃や中間決算前の初夏に増加傾向にあります。

もちろん、求人の募集背景はそれぞれの企業によって異なるので、募集する時期も当然異なります。そして、ご自身の転職を考えるきっかけやご事情によって転職時期も変わってくると思いますので、あくまでも参考としてお考え下さい。

外資系企業の動きは非常に早いので、新しい求人の状況は常にチェックし、いいなと思った求人には積極的に問い合わせしてみることをおすすめします。

今現在募集中の「英語力を活かせる」求人については、こちらをご覧下さい。ご自身の希望条件を登録しておき、常に新着の求人情報を受け取れるようにしておくと、貴重な情報を逃さず転職成功につながります。

3-3. レベル別英文経理の求人と応募する際のポイント

最後に、経験レベル別の求人内容についてご紹介します。
外資系企業では業務が縦割りになっている傾向にあり、英文経理は業務内容が明確になっていることが多いのが特徴です。
もちろん、組織の大きさによって担当する範囲の広さには違いがありますが、業務内容が明確であるということは、その求人に応募して就業することになった場合に身につけられる経験も明確であるということです。ご自身の経験や強み、今後のキャリアプランにあわせて求人を探してみてください。

【英文経理未経験の方】

英文経理の経験がないという方の中でも、「経理の経験はあるけれど、英文経理は未経験」という方と「ビジネスレベルの英語力はあるけれど経理は未経験」という方に分かれると思います。それぞれ強みとしている部分をアピールしましょう。
そして、どちらの場合でも、BATICやUSCPAの勉強中ということはアピールポイントになります。

仕事内容例 各種レポート作成、月次報告書作成、売上実績報告書作成 財務関係集計表作成、給与計算事務、社会保険事務採用業務補助、営業週報、月報、経理日次業務、庶務マーケティング関連のサポート業務 など
平均時給 平均 1,540〜1,650円
紹介予定派遣の場合、正社員になると年収300万〜500万円程になる場合もあります。
優遇資格や英語力 資格は不要という場合が多いですが、簿記やBATIC、USCPAの勉強をしていることはプラスアルファで評価されます。また、英語力のレベルにおいては、日常困らない程度の読み書きのみ必須の企業から、TOEIC700点以上などの条件がある場合もあります。
また、柔軟な対応が見込める方、気が利く方や、事務処理やデータ処理に慣れている方はもちろん、英文経理未経験者としてのやる気なども評価されます。
経理が未経験という方は、こちらのページも参考にしてみてください。

【英文経理の経験と資格を活かしたい方】

既に英文経理の経験がある方は、即戦力として期待されます。AP/ARなど今まで経験してきた担当業務が一部分だったとしても、是非経験を活かして次のステップに進みましょう!
企業の組織によって担当業務は異なります。求人の業務内容はもちろんのこと、就業先の組織、指揮命令系統、レポーティングの経路、使用している会計ソフトやERPソフトなどによって、英語力を活かせるシーンも変わりますので求人内容はエージェントから詳しく聞いてみることをおすすめします。

仕事内容例 月次決算、年次決算、英文伝票作成、売掛・買掛金管理、支払い業務全般、ファイリング、資料整理、請求書取りまとめ税務申告書作成補助、会計システムのインプット など
平均時給 平均 1,600〜1,900円
紹介予定派遣の場合、正社員になると年収450万〜600万円程になる場合もあります。
優遇資格や英語力 ほとんどの企業で、「日商簿記2級」「BATIC」のBookkeeper LevelやAccountant Levelなどを優遇しています。
英語力においては、読み・書き・会話全てが問題なく出来る方を募集している企業もあれば、日常困らない程度の読み書きのみ必須で、会話においては不問の企業もあり、様々です。
英文の勘定科目への理解があるとさらに評価されます。自分に合った求人を探してみましょう。

【経理コントローラ・マネージャ希望の方】

長年、英文経理の経験を積んでこられた方には即戦力としてのプレイヤーの求人以外にも、マネジメントポジションの求人があります。外資系企業は人事も流動的なことが多いので、急にマネジメントポジションが不在になり、派遣で急募するというケースもあるのです。プレイングマネージャー的なポジションが多くなりますが、英文経理の幅広い経験を活かすことが可能です。

仕事内容例 決算業務、内部統制管理、売掛・買掛金管理、財務、経理統括者の補助・経営管理資料の提案、作成、分析・統括、海外連絡 など
平均時給 平均 2,000〜3,500円(年収の場合:平均300万〜440万円)
紹介予定派遣の場合、正社員になると年収550万〜800万円程になる場合もあります。
優遇資格や英語力 資格不要のものもありますが、英文経理の場合「日商簿記2級」や「BATIC」は取得しているといいでしょう。Accounting Manager LevelやController Levelを取得しているとさらに評価されます。
また、業務内容によっては・公認会計士・USCPA・税理士(科目合格含む)が優遇される企業もあります。
英語力においては、読み、書き、会話が必要な企業が多いです。 それに加え、TOEICの○○点以上としている企業も多くありますので、詳しくは求人詳細をご覧ください。

いかがだったでしょうか。
実際に、現在募集している求人の中で、今現在募集中の「英語力を活かせる」求人については、こちらに掲載しています。
是非ご自身のレベルにあわせて、求人を選んでみてください。

外資系保険会社で分析等、ファイナンスのレポーティングを担当して頂きます。 USGAPの理解のある方、財務諸表作成経験、英語読み書き等、ご経験豊富な方を募集します。

勤務形態 長期派遣

勤務地 港区

時給・月収例 時給 2,000円〜2,300円
月収例 28万円

業界内でも有名な、大手コンサルティングファームでの経理業務です。海外子会社がメイン担当ですので、メールのやり取りや会計ソフト等で一部英語の使用が発生します。

勤務形態 長期派遣

勤務地 千代田区

時給・月収例 時給 1,800円〜1,900円
月収例 27万円

ワールドワイドに産業用重量物梱包資材の製造・販売・コンサルティングを行う成長している企業でのお仕事です。日商簿記2級以上お持ちの方、英語の読み書きが出来る方を募集します。

勤務形態 短期派遣

勤務地 品川区

時給・月収例 時給 1,650円〜1,700円
月収例 24万7,500円

丸の内に構える法律事務所で税理士アシスタント業務です。エクセルでの計算や簡単な関数を扱える方、英語に抵抗のない方を募集します。離職率が極端に少なく、非常に働きやすい職場です。

勤務形態 短期派遣

勤務地 千代田区

時給・月収例 時給 1,700円〜1,800円
月収例 20万4,000円

関連記事

関連コンテンツ

» 「英語を活かす英文経理」関連コンテンツ一覧はこちら