KNOWLEDGE

USCPAとは

USCPAとはUnited States Certified Public Accountantの略で、 米国公認会計士と呼ばれています。あくまでアメリカでの公認会計士の資格ですので日本国内での独占業務はありませんが、 いま非常に注目が高まっている資格です。

USCPAは日本国内でのみ通用する日本の公認会計士資格と異なり、英語圏の多くの国で高い評価が得られています。
そのため、職業会計人としての業務だけではなく、マネジメントレベルのビジネスパーソンが当然習得しているべき 知識の証明として認知されており、活躍の場は多種多様です。
現在日本はグローバル化への動きではアジア諸国の中でも差をつけられているため、海外展開する日系企業において、 グローバルに通用する会計処理及び、財務諸表のディスクローズが求められています。
日本へ進出する外資系企業の増加機運、日系・外資系企業との合弁企業設立等もあり、国際会計基準のベースとなる 米国の会計基準に精通したCPAへの企業ニーズは急拡大しています。

高い英語力も必要とされますので、資格取得後も英語力向上への研鑽を忘れてはなりません。

資格概要

資格の種類

  • 民間資格

受験資格

  • 基本的に、4年制大学卒業に加え、会計やビジネスに関する単位が必要

※受験資格は各州により異なりますのでご注意ください。

試験内容

  • 1. 監査と証明(AUD)4時間
    監査契約書の作成、内部統制、情報の取得と文書化、監査契約書のレビューと情報の評価、監査報告書の準備
  • 2. ビジネス環境と諸概念(BEC)3時間
    ビジネス構成、経済的概念、財務管理、情報技術、企画および測定
  • 3. 財務会計(FRA)4時間
    財務諸表の概念と基準、財務諸表の基本的項目、取引および事象の具体的種類、政府系機関の会計処理および報告、非政府系機関および非営利団体の会計処理および報告
  • 4. 諸法規(REG)3時間
    倫理と会計士の責任、事業法、連邦税の手続きと会計処理上の問題、不動産取引の連邦課税、連邦課税-個人、連邦課税-法人

問い合わせ先

※最新情報はこちらで確認下さい。