KNOWLEDGE

社会保険労務士とは

社会保険労務士は、幅広い専門的知識を活かし、 企業の状況に応じて、人事・労務管理全般から労働社会保険全般に関するアドバイスや書類の作成手続を行う、 企業や働く人々のパートナーです。

また、国民を守る法律である「労働基準法」「雇用保険法」「健康保険法」「国民年金法」「厚生年金法」などの 社会保障制度をスムーズに機能させる業務を行っています。言わば社会保障制度に関する法律のスペシャリストが社会保険労務士です。

具体的には社会保険労務士法に定められた書類作成業務と提出代行業務、健康保険証や年金手帳などの事務手続きを行っています。
企業において、保険料の納付をはじめとする手続きは、社会保険労務士ではなく、 総務や経理が行っている会社も多いと思いますが、このような手続きの手間を社会保険労務士に外注して、 コスト削減を図る企業もあります。
また、社会保険労務士は、会社と顧問契約をして月々報酬をもらうことが多いというのも特徴です。

資格概要

資格の種類

  • 国家資格

受験資格

  • 学士の学位を得るのに必要な一般教養科目の学習を終わった者
  • 厚生労働大臣が認めた国家試験に合格した者(社会保険労務士試験を除く)
  • 行政書士となる資格を有する者
  • 労働組合の役員として業務にもっぱら従事した期間が通算して3年以上になる者

※詳しくは社会保険労務士試験センターのHPなどをご覧ください。

試験内容

  • 労働者災害補償保険法
  • 雇用保険法
  • 健康保険法
  • 国民年金法
  • 労働基準法及び労働安全衛生法
  • 労働保険の保険料の徴収等に関する法律
  • 厚生年金保険法
  • 労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識

試験日程

  • 8月下旬

受験料

  • 9,000円

問い合わせ先

※最新情報はこちらで確認下さい。