KNOWLEDGE

Column –経理に役立つコラム-

夫の平日休みに合わせて働きたい

働き方を工夫して就業チャンスをつかもう!

夫の平日休みに合わせて働きたい子育てや家事を理由に働くことを諦めている専業主婦の方はいませんか?
派遣勤務という働き方を選択すれば、工夫次第で就業チャンスをつかめるかもしれません。

週数日勤務から始めてブランクを埋めていく

結婚や出産を機に退職したけれど、子育てをしながら仕事復帰する自分の姿を思い描いている主婦の方も多いのではないでしょうか。

「子どもを預けられる保育園が見つからない」「フルタイムで働くと、家事や育児との両立が不安」など様々な現実や心配事を目の当たりにし、なかなかその一歩が踏み出せない人もいるでしょう。
でも、「働くのはもう少し子どもが大きくなってから・・・」と先延ばしにすればするほどブランクが長くなり、復帰への足取りはさらに重くなります。

そこで、働き方を工夫し、一日も早い仕事復帰を目指しましょう。
実際に、夫の協力を得て週2日働くことにより、ブランク期間をできるだけ短くして仕事復帰を果たした伊藤さん(仮名)の例を見てみましょう。働き方のヒントが見つかるかもしれません。

無理なく一歩を踏み出して、家事・育児・仕事のバランスが良い日々を

妊娠を機に独身時代に勤めていた会社を退職し、専業主婦となった伊藤さん。
子どもが1歳になると漠然と仕事に復帰したいと考え始め、2歳を目前にしたころから実際に保育園探しを始めました。

しかし、どの保育園も空きがなく子どもの預け先が確保できませんでした。
「子どもを預けられないなら仕事は無理かもしれない」と諦めかけたとき、雑誌で派遣社員として働くママの特集記事を見つけました。
今の状況を誰かに相談したい気持ちもあり、思い切って派遣会社に足を運んでみたそうです。

実は、伊藤さんの夫の仕事はサービス業で火曜と水曜が休日。
そこで保育園の空きが見つかるまでの間、「火曜と水曜の週2日、夫に子どもの面倒を見てもらいながら仕事ができないか」と思案していたのです。

そんな都合の良い仕事はなかなかないだろうとも思いましたが、勇気を出して派遣会社の窓口に相談すると、「派遣勤務という就労スタイルは、フルタイムの仕事以外にも1日で終わる仕事から週数日勤務など様々ですので、きっとお役に立てます」との回答が。
そして、登録したその日に火曜と水曜の週2日勤務できる経理事務補助の仕事を紹介してもらったのです。

「仕事のブランクが長くなれば復帰のハードルも高くなりがちですので、早速帰って夫に相談してみました」と語る伊藤さん。
夫と話し合い、家族の協力を得て週2日、自宅から電車で40分ほどのところにあるアパレルメーカーで午前9時から午後5時(休憩60分)まで実動7時間、時給1,500円の経理事務補助の仕事をスタートさせました。

仕事がある日は朝6時半に起床し、家族の朝ごはんの準備をし、自分が持っていくお弁当と一緒に夫とお子さんの分も作って8時前に家を出ます。午前9時からは伝票整理、入力、電話応対、ファイリングなどの仕事をこなし、ランチは同僚と一緒に会議室でお弁当を広げ束の間の休息。
午後の仕事は請求書の作成などで夕方5時まで慌ただしい時間が流れますが、派遣会社との契約通り定時の5時になると退社できるので帰りにスーパーに寄って帰宅しても午後6時半には家に着いているそうです。

毎月の平均収入はおよそ8万4,000円。
「子どもは夫に任せているので安心。週2日の勤務は家事や育児の時間も確保でき、自分の負担もほとんどありません。それに、自分に収入があることで子どもの洋服や日用品を買うのに助かっています」と伊藤さんは笑顔で答えてくれました。

来年は子どもが3歳になるので、幼稚園と保育園の両方を検討中とのこと。
「いずれにしても週数日の勤務を続け、無理なく自分のキャリアを積んでいきたい」と、伊藤さんは仕事人として輝く顔を見せてくれました。

多様な就労スタイルの中から自分に適した仕事を見つけよう

伊藤さんのように夫に加え、祖父母などの身内の協力や保育園での未就園児を一時的に預ってくれる制度などの公的サービス・民間サービスを上手に利用して、仕事をスタートさせている先輩ママは多くいます。

また、正社員やアルバイト、パートタイムの仕事とは違い、派遣勤務という就業スタイルはフルタイム勤務以外にも、週数日勤務、時短勤務、単発勤務など様々な働き方を働き手の状況に応じて提案してくれるので、働くママにとっては強い味方です。
仕事復帰を先延ばしにしてブランクを長くするより、週数日の勤務から実務経験を重ね、少しずつキャリアを積んでいきませんか?

まずは派遣会社に相談を

派遣会社では、フルタイム勤務、短期・単発、週数日の勤務など、多様な就業スタイルを提案してくれます。
また、それらを組み合わせて働くことも自由自在。仕事探しのプロ集団である派遣会社を上手に活用し、無理のない就業を続けることにより職業人としての自分を高めていきましょう。

働くママにおすすめ!10時以降出社・残業なしの求人はこちら ≫

関連するコンテンツ

「TO DOリスト」を活用して、効率よく暮らす

「TO DOリスト」を活用して、効率よく暮らす

やることがいっぱいの働くママ 家事・育児に仕事とめまぐるしい毎日を過ごしている、...

専業主婦で夫の扶養に入っている私。フルタイムで働いたら健康保険証ってどうなるの?

専業主婦で夫の扶養に入っている私。フルタイムで働いたら健康保険証ってどうなるの?

派遣社員も社会保険の被保険者になれる 専業主婦から転身、フルタイムで仕事を始めた...

時短勤務のひと工夫~働きやすい環境を自ら構築するには~

時短勤務のひと工夫~働きやすい環境を自ら構築するには~

時短勤務で職場復帰 働くママの中には、子どもが小さいうちは保育園の送迎や職場まで...

スキルアップへの近道!ジャスネットの教育サービス「アカウンタンツライブラリー」経理の仕事に役立つ約150動画が見放題! エージェントサービス登録者は月額980円が無料!

はじめてジャスネットで働く方へ

あなたの可能性を最大限に引き出します。

  • 資格はあるのに未経験…経理・会計の実務経験を積みたい
  • 経理職に就きたいけれど、資格取得の勉強もしたい
  • 育児も落ち着き、そろそろ仕事の感覚を取り戻したい

ジャスネットでは、「経理・会計」分野に係わる方々、目指す方々が描く理想のキャリアプランを実現するために、あなたのキャリアステージに適した派遣・紹介予定派遣の仕事をご紹介します。